蒼太の包丁 / 1試し読み
全261ページ
試し読み50ページ
青年

蒼太の包丁 / 1

価格(税込) : 
495円
閲覧期限 : 
無期限

みんなに知らせよう!

すべての巻

  • 蒼太の包丁 / 1

    蒼太の包丁 / 1

    北丘蒼太・20歳。銀座の名店『富み久』で、厳しいけれど情に厚い親方のもと、板前めざして奮闘中。いつの日か、人の心に届く料理を作るために…。

  • 蒼太の包丁 / 2

    蒼太の包丁 / 2

    板前は、ひと皿の料理に命を懸ける!! 銀座の名店『富み久』で修業中の北丘蒼太。親方や先輩・後輩との関わりの中で、時には衝突しながらも、料理人として大事な技、そし…

  • 蒼太の包丁 / 3

    蒼太の包丁 / 3

    一人前の板前を目指し、厳しい修業に明け暮れる北丘蒼太。そんなある日、同じ追い回し(見習い)として苦労を共にした先輩の青柳に、引き抜きの話が持ち上がる。はたして兄…

  • 蒼太の包丁 / 4

    蒼太の包丁 / 4

    技を身につけ、心を磨く、包丁修業に終わりなし!! 一流の板前を目指す北丘蒼太は、銀座の名店『富み久』で数多くの人と出会い、和食の奥深さを学んで行く。常連のお客さ…

  • 蒼太の包丁 / 5

    蒼太の包丁 / 5

    包丁ひとつで、素材の力を引き出す…それが「和」の料理人。厳しい修業の中で、着実に板前への階段を登る蒼太だったが、親方のひとり娘・さつきへの恋心は募る一方。そんな…

  • 蒼太の包丁 / 6

    蒼太の包丁 / 6

    蒼太を慕って、幼馴染みの吉屋純子が北海道から上京してきた。“富み久”で仲居として働き始めたが、仕事に不慣れなため失敗の連続――。常連客の近藤が忘れていった携帯電…

  • 蒼太の包丁 / 7

    蒼太の包丁 / 7

    マスコミで「若き天才」ともてはやされる料理人が『富み久』を訪れた。蒼太は再び会って話がしたいと思い、彼の自宅を訪れる。しかしそこには意外な光景が…!! 悩み、も…

  • 蒼太の包丁 / 8

    蒼太の包丁 / 8

    蒼太の先輩・青柳のところに、結婚を控えた女友達が訪ねてきた。料理を習いたいという彼女に、青柳は「ブリ鍋」を教えようとするが…。出会い、そして別れ…和食の世界で、…

  • 蒼太の包丁 / 9

    蒼太の包丁 / 9

    「温いカツオのタタキ」、「トロより美味なマグロ」…日々の仕事の中で、常識を覆す和食の奥深さに触れる蒼太。しかしそれは同時に、職人として「やりたい事」と「出来る事…

  • 蒼太の包丁 / 10

    蒼太の包丁 / 10

    蒼太の実家『きたおか』が人手に!? 厳しい修業の中、着実に板前への階段を上る蒼太。ところが、父の口から思いも寄らない話を聞かされる。亡き母との思い出が残る、故郷…

  • 蒼太の包丁 / 11

    蒼太の包丁 / 11

    ひとり娘・さつきが家業を継ぐことを望む女将。しかし法律家を目指す娘の意志を尊重し、そのことを告げられずにいた。ところが、さつき自身の心境に変化が現れて…。はたし…

  • 蒼太の包丁 / 12

    蒼太の包丁 / 12

    純子の弟・健太郎が上京して来たのは、姉を北海道へ連れ戻すためだった。「仲居の仕事なんて、タダのお運び――」そう主張する健太郎に、さつきは『富み久』の仕事を一度、…

  • 蒼太の包丁 / 13

    蒼太の包丁 / 13

    日本橋の老舗『神かわ』へ助に来た蒼太。そこでは、三代目になるはずだった親方の息子が、ケガから料理人の道を断念していた。新しい料理も学べ充実した日々を過ごしながら…

  • 蒼太の包丁 / 14

    蒼太の包丁 / 14

    ついに煮方としての仕事を任された始めた蒼太。しかし、親方と山村が出した課題「タイのアラ炊き」は、蒼太に「煮る」ことの難しさを改めて認識させるものだった――。そし…

  • 蒼太の包丁 / 15

    蒼太の包丁 / 15

    追い回しとして精進をつづける須貝にスカウトの話が来た。自分の気持ちが認められてうれしい気持ちもあるが、純子に対する思いから『富み久』を離れたくない、と悩む須貝は…

  • 蒼太の包丁 / 16

    蒼太の包丁 / 16

    素朴で傷つきやすい純子は、蒼太への思いに胸を焦がす。そんな蒼太に雅美も淡い感情を抱いていた。しかし、蒼太の心は、ふたりではなく、さつきに向いていて――!? 揺れ…

  • 蒼太の包丁 / 17

    蒼太の包丁 / 17

    結婚し、いきなり一児の父となった青柳は、早速、他の親子との問題に直面する。そんな時、北海道から蒼太の父が上京してきた。東京を見物し、息子の仕事場を見ることになっ…

  • 蒼太の包丁 / 18

    蒼太の包丁 / 18

    たったひとりの蒼太の家族・父が危篤との連絡が――!! しかし、蒼太には人生を賭けた料理人としての大仕事が待っていた!! 最愛の家族に、優先するものとは――。「板…

  • 蒼太の包丁 / 19

    蒼太の包丁 / 19

    幼ななじみの純子が『富み久』を辞めて北海道へ戻り、『富み久』に新たな顔が。そんな、心機一転、仕事に励む蒼太の前に現れたのは、プロ野球の投手。不調に悩む彼だったが…

  • 蒼太の包丁 / 20

    蒼太の包丁 / 20

    『富み久』の常連さんと一緒にやってきた美人客が、蒼太の料理を気に入ってくれたらしい。休日、高級車で蒼太を迎えに来たその美人客に連れ出された蒼太。ホテルに向かった…

  • 蒼太の包丁 / 21

    蒼太の包丁 / 21

    蒼太の後輩・雅美の料理が、食通の評論家に酷評された。雅美の心は激しく揺れ動く!一方、「僕は北海道料理を東京に伝えたいんじゃない――」、ある決意をした蒼太は故郷・…

  • 蒼太の包丁 / 22

    蒼太の包丁 / 22

    人手不足の『富み久』に、待望の新人が入ってきたのはよかったが、初日、母親に付き添われてやってきた新人クン…。買い出しも、洗い物も、下ごしらえも追い回しとしてはま…

  • 蒼太の包丁 / 23

    蒼太の包丁 / 23

    花ノ井から、自分の料亭に板前として来てほしいと誘われた蒼太の決心は!? そして、板長・山村に実家の問題が出てきて、板長代行をすることになった蒼太は新たな料理へ気…

  • 蒼太の包丁 / 24

    蒼太の包丁 / 24

    フグの調理師免許試験を、須貝と一緒に受けることになった蒼太。親方に「失敗があったら何が起こるかわかってるのか」と言われ、蒼太は「二度目はないつもり」と大見得を切…

  • 蒼太の包丁 / 25

    蒼太の包丁 / 25

    会社を辞め、野菜づくりに身を投じた男。彼から聞かされた日本農業の危機に、蒼太も想いをはせる。料理人にできることは何か…?そして、料亭にとっては、かき入れどきの年…

  • 蒼太の包丁 / 26

    蒼太の包丁 / 26

    神楽坂の『花の井』での助(すけ)にも慣れて来た蒼太は、不自然な時期に「助」として入った理由を富田の親方から聞かされる。動揺、そして葛藤。しかし、立ち止まってはい…

  • 蒼太の包丁 / 27

    蒼太の包丁 / 27

    北海道から蒼太が戻り、神楽坂の『花ノ井』が、いよいよ「一握会」の来訪を受ける日が来た。一世一代、真剣勝負の日に出す料理とは? カリスマ美食集団の評価は!? そし…

  • 蒼太の包丁 / 28

    蒼太の包丁 / 28

    各界の名士が集まった美食集団「一握会」の面々が、ついに『富み久』を訪れた。彼らの要望に蒼太たちはこたえることができるのか!? そして、常連の御意見番・実日堂とと…

  • 蒼太の包丁 / 29

    蒼太の包丁 / 29

    近辺一帯に再開発話が持ち上がった『富み久』。蒼太は?さつきは?雅美は?青柳は?――そして、親方は?それぞれの想いが綯い交じる。蒼太、さつきたちをめぐる運命の歯車…

  • 蒼太の包丁 / 30

    蒼太の包丁 / 30

    近辺一帯に再開発話が持ち上がった『富み久』。親方が出した結論は、『富み久』の分店・『分富み久』をつくることだった――。『分富み久』の板長として、また『富み久』の…

  • 蒼太の包丁 / 31

    蒼太の包丁 / 31

    板長・蒼太の『富み久』がスタートした。しかし客足はふるわず……!? 一方、『分富み久』の若女将・さつきは、熱意がから回りしてしまい、思わぬ事態が……。離ればなれ…

  • 蒼太の包丁 / 32

    蒼太の包丁 / 32

    板長・蒼太の新生『富み久』が始動した。思うように客足が伸びない状態を脱しようと、苦闘を続ける『富み久』の面々。山村兄さんとのメニュー比べに悩む蒼太、野球場でアル…

  • 蒼太の包丁 / 33

    蒼太の包丁 / 33

    海外から帰国した千鶴と、料理が好きな啓一。蒼太を慕う子供たちが、巻き寿司作りを通して見つけたこととは? そして、神楽坂の店で利益を出すことを求められ、理想とのギ…

  • 蒼太の包丁 / 34

    蒼太の包丁 / 34

    利益優先のオーナーと決別し、店を辞めた花ノ井。恋人・真知との別れ話も……。そして、蒼太の腕と『富み久』を高く評価する、元・外務大臣の曽根川が、庶民のナマの声を聞…

  • 蒼太の包丁 / 35

    蒼太の包丁 / 35

    『富み久』には内緒で、日曜日だけ蒼太が手伝っていた立ち呑み屋『みなと』。年中無休で営業していた店主のツヤさんが体調を崩し、平日もやってくれないかと頼まれてしまっ…

  • 蒼太の包丁 / 36

    蒼太の包丁 / 36

    神楽坂の店を辞して以来、姿を消していた西の天才・花ノ井が、突然現れた。三人の弟子が、立ち呑み屋『みなと』を手伝っていることを知り、腕が荒れると大激怒。それを発端…

  • 蒼太の包丁 旭川編 / 37

    蒼太の包丁 旭川編 / 37

    突然与えられた2週間の休暇を使い、北海道の旭川へやって来た蒼太。板長として弟子を育てること、新鮮な食材探し、そして『みなと』常連であるジミーさんの家族を捜すこと…

  • 蒼太の包丁 / 38

    蒼太の包丁 / 38

    旭川では旭山動物園の園長をはじめ、農作物の生産者、弟子候補など食に関わるさまざまな人々に出会った蒼太。久々に東京へ戻った蒼太には、ふたたび忙しい毎日が待ち受けて…

  • 蒼太の包丁 / 39

    蒼太の包丁 / 39

    銀座の再開発をめぐり『富み久』の立ち退き問題を憂慮した元外務大臣・曽根川がついに動く!! 蒼太に弁当を作らせ、建設会社の会長を呼んで会食。プロジェクトの再考を求…

  • 蒼太の包丁 / 40

    蒼太の包丁 / 40

    悩みを深める若女将が、夜中に酒を飲んでいるのを見て、見習いの乙部が蒼太に相談する。さつきを元気づけ、やる気を取り戻させることはできないだろうか。以前は旭山動物園…

  • 蒼太の包丁 / 41

    完結蒼太の包丁 / 41

    体調を崩し、皆に心配されながら入院した親方だったが、みるみる回復し退院した。兄弟子・山村の『富み久分』が大人気店となっているのに対し、『富み久』の客入りはいまひ…

  • 1~
  • 11~
  • 21~
  • 31~
  • 41~

コミック情報

配信日2015年03月25日
ジャンルグルメ/職業・業界
雑誌
出版社実業之日本社
レーベル

北丘蒼太・20歳。銀座の名店『富み久』で、厳しいけれど情に厚い親方のもと、板前めざして奮闘中。いつの日か、人の心に届く料理を作るために…。

(C)本庄敬・末田雄一郎/実業之日本社 

「ソク読み」のコミック・コンテンツには、大人向けの作品も含まれております。
「ソク読み」あるいは「試し読み」では、保護者の方はご注意ください。

関連作品

他の人はこれも買っています


無料漫画

無料漫画
だれでも読める!
無料漫画がいっぱい!

おすすめ漫画

おすすめ漫画コーナー
スタッフ厳選!
おすすめ漫画を毎週ご紹介!