吾輩は猫である 漫画ですぐ読む名作文学  

青年吾輩は猫である 漫画ですぐ読む名作文学
330円 (税込)

あらすじ・内容紹介

『吾輩は猫である』は1905年から06年にかけて、『ホトトギス』で連載された夏目漱石の処女小説。彼が38歳の時、俳人で小説家の高浜虚子のすすめにより発表された作品です。漱石は本作のあと、『倫敦塔』(ろんどんとう)、『坊っちゃん』と立て続けに作品を発表し、作家としての地位を向上させていきました。漱石が小説家としてのキャリアを歩み出すきっかけになった、記念すべき作品です。物語は、中学教師・珍野苦沙弥(ちんの・くしゃみ)の家に暮らす“吾輩”こと飼い猫の目を通して描かれています。猫は苦沙弥先生のもとに集まる自称知識人たちの生態を注意深く観察し、人間の愚かさや滑稽さを笑い飛ばしたり、疑問を投げかけたりするのです。漱石はユーモアに富んだ洒脱な文章で、人間社会を痛快に風刺しています。「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」というあまりにも有名なくだりから始まるこの小説は、誰もが一度は読んだことがあるでしょう。改めて読み返してみると、初めての時とはまた違った発見があるはずです。発表されてから100年以上経った今も、その魅力は色あせるどことか、現代の私たちにさらなる気づきを与えてくれます。

『吾輩は猫である 漫画ですぐ読む名作文学』詳細情報
ジャンル明治・大正
雑誌
出版社SMART GATE Inc.
レーベルSMART COMICS
ページ数全34ページ
配信日2021年11月26日

同シリーズ一覧

「ソク読み」のコミック・コンテンツには、大人向けの作品も含まれております。
「ソク読み」あるいは「試し読み」では、保護者の方はご注意ください。

この漫画を購入した人はこんな漫画を購入しています

あなたにおすすめの無料漫画

その他(荒木浩之)作品一覧


無料漫画

無料漫画
だれでも読める!
無料漫画がいっぱい!

スタッフおすすめ漫画

おすすめ漫画コーナー
毎週更新中!
ソク読みおすすめ漫画!