Twitterでも5万いいね超え!!各メディアで話題沸騰中!異色のお仕事漫画『無能の鷹』の不思議な魅力とは?

どう見ても”デキる人”に見える…しかしそれを人事で見抜くのは難しい…
主人公が圧倒的に“デキない”!!
現代社会のお仕事あるある・設定をうまく逆手にとった痛快なお仕事コメディ!!
話題沸騰!?Twitterでも5万いいね超えの『無能の鷹』の魅力をご紹介!
不思議な癒し効果が…?今を生きるすべての人に読んでほしい!!
主人公・鷹野ツメ子はコンサル会社に勤めるOL。
あまりにもスマートな着こなし、アナウンサーのような綺麗な発声…どうみても”デキる人”であるのだが…
鷹野は”社内ニート”になっていたのだった!
どこまでも突き抜けていく鷹野が何故か憎めない…
同僚の鶸田は対照的に胃腸も弱くコミュニケーションが苦手…しかし仕事はしっかりする”デキる人”なのだ!

バッチリ資料と方針を持った鶸田が鷹野を一緒に営業に連れて行くと…なぜかうまくいった!?
そのオーラバリバリの鷹野がいるだけで客先にウケがよく、バカな事をいっても何故かごまかせる!
無茶言うクライアントにも、ビジネス横文字が飛び交う現場でも、
緻密に構成されたコントを見ているかのような展開が痛快でおもしろい!
随所にお仕事漫画における”あるある”などの共感も散りばめられているのも飽きません。
何故か鷹野を営業に連れて行くと…いいのか!?
基本的にはあるある共感系のお仕事漫画となっています。
しかし、鷹野が圧倒的にデキない事に突出する事で、
共感とユーモアが入り混じりなんともいえないシュールさが癖になります。
鷹野はなぜそんなに自信満々なのか!?能ある鷹は爪を隠していそうで隠していない作品です。

✔鳩山に胸うたれる

鷹野の教育担当になった鳩山さんは、さすがのデキなさに頭を悩ませる。
褒めて伸ばそうとしても、遠回りだがゆっくり着実にデータ入力を任せても、
押し寄せる社内リソースの自動化が鷹野ができそうな単純作業を奪っていく!!
もうイライラを通り越して謎の癒しを感じる
それでも諦めない健気な鳩山さんに胸を打たれます。
とにかく、とにかく努力してできるようになる事はないのか!

怒鳴りたくなるような事も飲み込み、
がむしゃらに前向きにフォローする鳩山さんに涙…

✔鷹野の不思議な魅力とは

ここまで言い切る鷹野!いっそ清々しい!
まず鷹野はメンタルがすごい。 むしろそのメンタル強さを学ぶべきなのだろうか?

「私がこの会社を必要としてるから、会社に必要とされてるかは考えないようにしてる」(単行本1巻 20Pより)

すごい言い切りようです。
言っちゃうのもすごいんですが清々しいですね。

お仕事にありがちなストレスには、仕事内容や対人関係が多くありますが、
リアルから、近からず遠からずデフォルメされた鷹野には不思議な癒し効果がある。。
実際にいたらと思うと…ですが本作ではとてもマイルドに、そして憎めないキャラに仕上がっておりそれが好感になっているのでしょうか。

落ち込んでるとき、鷹野を見てると元気が湧いてくる!
お仕事漫画にはリアリティや社会への風刺がうまく表現されますが、
本作ではとてもマイルドにかつ、コンサルという仕事と設定を逆手にとった面白い構成になっていると思いました。
今だからこそ読んでほしいおすすめ漫画です!

▼ 作品情報 ▼

無能の鷹

著者: はんざき朝未


(C)はんざき朝未/講談社